地球さんぽ

テーマ [ーMadrid ] の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ★C'est un grand jour aujourd'hui!★
0000484256.jpg o0200013312721218448.gif
    いつもありがとうございます♡

オンラインショップ セッション受付サイト ホームページ

--/--/--   スポンサー広告    

マドリード1日目*恩返しとシエスタとパエリア

3年ぶりのヨーロッパ旅行は2012年〜2013年の年末年始に
スペインのマドリードとポルトガルのリスボン旅行。

修道女や修道士の過去世が多いという私たち夫婦のルーツを
巡礼するかのように招かれた気がします。


クリスマス明けに出発し、フランクフルトを経由して18時間。
無事にマドリードに降り立ちました。

_DSC4751_convert_20130113093059.jpg

初めて訪れた国で、カタコトの言語を交わしたり、
交通手段を使って、その土地の生活を味わうのが
冒険好きの私の旅の醍醐味。

今回も書店で見つけた30日でマスターするスペイン語という
CDブックで、スペイン語の挨拶と数字は何とか…というレベルで
臨みました。

_DSC4752_convert_20130113093202.jpg

早速、地下鉄を駆使して、冒険ロマンへ。

最初のメトロ移動はマドリード空港からホテルへの移動。
切符券売機の前で夫とガイドブック片手に迷っていたら、
他の券売機が空いているのにも関わらず、おとなしく後ろに
地元の青年らしい人が並びました。

目が合うと、優しく微笑み、「解りますか?」「お手伝いしましょう」
と英語で手取り足取り教えてくれました。

毎度のことですが、こちらは英語も覚束ないので、
耳では無く、ハートとジェスチャーと
知ってる中2レベルの英単語で応戦(苦笑)

それでもどうにか切符が買えたのを見て、安心して
今度は日本語で「さようなら。Have a nice day.」と笑顔で去って行きました。

日本のどこかで、日本の誰かに良くしてもらった恩返しを
代わりに肖ったのだろうと思ったら、思わずじ〜〜んと胸に愛が
湧き上がりました。 
もちろん私も愛の連鎖を皆さまに繋ぎますよ♪

_DSC4754_convert_20130113093852.jpg

その彼のご教授により知ったことですが、
スペインでは、観光客用にメトロの1日周遊と2日周遊などの
お得な切符があり、この切符はAエリアを1日周遊出来る切符。
マドリード中心の広いエリアで有効なので、オススメです。

ホテルに到着したとき街はシエスタタイムだったので、一旦マドリードのホテルに
チェックインして20時間ぶりに入浴で寛ぎました。

_DSC4764_convert_20130113151653.jpg

予想はしていたものの、噂通り、シエスタは観光客泣かせ。
最中はバルやカフェ以外はほとんど休業中。

_DSC4761_convert_20130113093349.jpg

住民の方々には素晴らしいスローライフの習慣だと思うし、
10年前に私が開業していたヒーリングケアサロンの名前でもあり
愛着もございます。
・・・が、やっぱり滞在時間を有意義に使いたい観光客には厳しい。

それでも例外である美術館や幾つかの文化施設は開いているらしく、
この日はシエスタタイム到着を予想していたので、
午後一でヨーロッパ三大美術館と謳われるプラド美術館に
行く予定でした。

ホテルで荷解き後に入浴して、少し寛いでいる時に
プラド美術館についてガイドブックを更に読んでいたら、
平日の18時以降は無料解放しているというので、
近所の町並みをぶらりしてから予定時間をずらして美術館へ。

_DSC4806_convert_20130113095556.jpg

夜の帳が下りてすぐの美術館周辺は幻想的。
無料開放の列が長蛇を成していましたが、10分程度で中に入れました。

_DSC4811_2_convert_20130113100219.jpg

イタリアやフランスで芸術的感性に訴えかけられすぎたせいか
魂が震えるほどのものには出逢えませんでした。

_DSC4808_convert_20130113150519.jpg

初回に無料で入っちゃったせいか、わざわざもう一度
観に行きたいとも思えず、この限りで美術館は終了。

そろそろお腹も空いてきたので、散歩がてら
郵便局を発見。

postalr.jpg

スペインは公的機関がゴシック建築で芸術的。


マドリードで最初の食事ということで、せっかくなら
スペイン料理が食べたいと思いながらお店を探しましたが、
案外と街で見かけるカフェやレストランはイタリアンなどが多く
止むなくガイドブックを見て夫が楽しみにしていたパエリアが
看板で出ている観光客向けの店に入りました。

スペインは物価も高く、あまり食文化に華やかさが無いような。
サラダといってもほとんどが、味付けせずに盛られていて
オリーブオイルやバルサミコをかけて食べるスタイルが主流。
コショウをたっぷり加えて、フレンチ風にして食べてました。

_DSC4828_convert_20130113142934.jpg

パエリアはどの店でも大抵二人前からなので、結構なボリューム。
結構飽きる味なので、3〜4人で突付き合うのがベストかも。

この店のには豚肉が入っていて、それが臭みがあり、
残念ながら美味しいとは思えませんでした。

パエリアは元々バレンシア地方の郷土料理らしく
マドリードで出るのは観光客目当てのものらしい。(残念)


そういえば、私が高校生の頃、初めて自分で料理本を観ながら
家族に手料理を振舞ったのがパエリアだったのを思い出しました。

お米を炒めてスープで炊きあげるところを、
既にご飯が炊かれていたのを使うことになり、
水加減の調整なども知る由もないままベチャベチャに完成。

兄弟たちに容赦なく「ゲロッパ」という命名を受けたのは
何かの因縁なのかもと思いながら、一日目を終えました。

〜マドリード2日目につづく〜
(不定期更新)
スポンサーサイト

  ★C'est un grand jour aujourd'hui!★
0000484256.jpg o0200013312721218448.gif
    いつもありがとうございます♡

オンラインショップ セッション受付サイト ホームページ

2013/01/13   ーMadrid     46TB 0   46Com 0  

RSSリンクの表示

.

 

Trackback





.

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

.

 

フリーエリア

.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。